12月のツアー参加時の注意点とゴミの持ち帰りのお願い

このエントリーをはてなブックマークに追加

Gotoトラベルキャンペーンが現在も続いています。※12月14日 沖縄県もこの西表島にもたくさんのお客様が遊びに来ていただいている状況です。先は見えない状況ですが早くコロナウイルス感染症が終息してくれることを祈るばかりです。

私見ですが、Gotoキャンペーンで旅行料金が安くなったので『せっかくだから遠くまで遊びに行こう』『Goto使わないと損』とばかりに八重山諸島に興味なしと感じるお客様の中にマナーが守れないお客様が多々見受けられます。何が言いたいかというと、Gotoが始まってから島に捨てられるゴミの量が増えてます。西表島は全島国立公園です。ゴミ箱はありません。すべてのごみは持ち帰りをお願いしています。トイレの手洗い場にお弁当のカラ箱や飲み終わったペットボトルなど置いていかないようにしてください。高速船内のシートのポケットや遊覧船内のごみも異常な多さと船員から聞いています。常識ある方がほとんどですが、ごく一部の迷惑なお客様のおかげで島に負担がかかっています。どうか島の状況や環境をご理解いただいてからお越し下さいませ。

話が大きく変わりますが、12月は寒暖の差が激しい季節です。晴れて風が穏やかであれば半そででも過ごすことは可能です。ですが寒気が流れ込んで北風が強くなると状況は一変します。16℃~20℃前後の気温ですが、風が10メートル程度吹くとかなり寒くなります。去年は安定して温かい日が多かった12月ですが今年は雨が多い日が続いています。アクティビティツアーに参加されるお客様はある程度服装で調節し温かい服装でお越し下さい。また、ツアーの中止もありえることを留意し、日頃のストレスや疲れを癒す旅行と捉えのんびりできて良かったなどと感じていただければ幸いです。お客様の安全を第一とした措置ですのでご理解とご協力をお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です